トップページ 〉観光ガイド 〉バーベキュー 〉浜ベキュー



バーベキュー

浜ベキュー BBQ
干物 地採れ魚介類の干物 若狭といえば、何といってもシーフード。ローカロリーなもの◎。中でもBBQにお勧めなのは、産地ならではの新鮮な干物です。色んな種類の中から選んでくださいね。
新鮮野菜 高浜産新鮮野菜 直売所やスーパーの地場産野菜コーナーで販売しています。野菜は自給自足という民宿も。
五色貝など   フグ   ぐじ(甘鯛)
海鮮BBQといえばサザエなどの貝類も定番。高浜では色の綺麗な五色貝がお勧め。甘みが強くて炭焼きにぴったり。   若狭フグの産地・高浜だから、BBQでもフグをどうぞ。無毒のサバフグは、高級食材のトラフグとはまた違った魅力があります。   京料理の高級食材も、産地では小ぶりの物なら手軽にお求めいただけます。ウロコを付けたまま焼いて下さいね。
         
  蒲鉾・ちくわ   たかはま鮨
  火がおこる前に何か一品あればとってもお洒落。そんな時は地元産の練物をどうぞ。蒲鉾に練りへしこソースを塗って焼くのは「高浜焼き」としてお勧めです。   かつて奈良の都に鮨を献上していた高浜町。お寿司は海鮮バーベキューと相性がいいのでお試しあれ。
浜ベキューの醍醐味
遊びのポイント1せっかく若狭に来たら、やっぱり地元の素材を楽しみましょう。魚屋さんや直売所はもちろん、高浜はスーパーでも地元食材が充実。「浜ベキュー」のマークが目印です。
食材は地元で調達
遊びのポイント2高浜の一番の特徴は、浜辺でもBBQができること。抜群の透明度を誇る高浜のめっちゃキレイな海を感じながらのBBQは最高。
アウトドア派は指定区域で
遊びのポイント3海水浴の強い味方「浜茶屋」の中には、BBQが楽しめるお店もあります。手ぶらで行っても、海を眺めながら店内でゆったり楽しめます。ここでもやっぱりシーフードがお勧めですよ!
ゆったり手ぶら派は浜茶屋で
遊びのポイント4

さらに地元食材を贅沢に楽しむのなら、民宿で夕食や昼食がBBQになったプランをどうぞ。その日上がった魚介類や、自家製野菜を出すお宿も多いので、食材の新鮮さは別格です。

BBQ宿泊プランで若狭の味を満喫
遊びのポイント5夕日の綺麗な日本海の中でも、高浜の夕日は別格。広い砂浜と、町のシンボル青葉山、そこに沈む夕日は、まさにマジックタイム。BBQのあとはみんなで花火も忘れずに。
何と言ってもサンセットBBQ
浜ベキューを楽しむ5つのコツ
コツ1

特におすすめは「チムニースターター」。炭を入れて下方から着火したらあとは待つだけ。煙突のように暖かい空気が上昇気流をつくる原理を利用した、自然に優しい火起こし 器です。

コツ2

炭はグリル一面に敷き詰めるのではなく、置き方を工夫して強火ゾーン、中火ゾーン、保温ゾーンを作ると、美味しく焼けますよ。

コツ3

野菜などは、ついつい焦がしてしまいがちですが、表面にオリーブオイルを塗ると焦げにくくなりますよ。切らずに丸ごとしっかり焼くのがお勧めです。

コツ4

燃え上がる炎は、素材を焦がしたり煤を付ける邪魔者。水鉄砲があれば、ピンポイントで炎を抑えることが出来ます。子供用玩具で十分OK。

コツ5

燃え残りの炭は、絶対に土に帰らないので埋めるのは厳禁。処理は管理人さんやお店の人に一声お掛け下さい。消し炭として再利用します。

■ゴミの処分についてのご注意

  • ゴミは基本的にお持ち帰りをお願いしています。
  • BBQ場によっては、町のゴミ袋を使って分別して所定の場所に回収させて頂く場合もあります。管理人にお問い合せ下さい。
  • 町のゴミ袋 緑…燃えるゴミ 透明…缶
  • 燃え残りの炭の処分方法は、各BBQ場の管理人にお問い合せ下さい。

■花火についてのご注意

  • 夜の10時までであれば、砂浜で花火を楽しんでいただけます。
  • 打ち上げ花火は、消防署の指導により原則禁止です。特に海に向けての打ち上げ花火は絶対にお止め下さい。
  • 燃えかすやゴミは、必ず各自でお持ち帰り下さい。

指定区域外でのバーベキューは厳禁です。

美しい砂浜を守るため、ご協力をお願いします。

お酒を飲んだ後の海水浴は控えましょう。